SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Bonpapamickのブログ

思い付きでたまに書きます
国体卓球、あれこれ
0

    JUGEMテーマ:卓球

     

    初日(9月30日)限定でえひめ国体卓球競技(宇和島市)を観戦して来ました。が、その詳細の話ではなく、過去国体を含めてそこはかとなく書き綴りたくなりました、というお話です。

     

    国体は県別対抗戦の形なので、選手はルールに則り各県の代表を目指すことになります。その結果、毎年違う県で登場したり、一貫して同じ県の代表になったり、対戦もいろんな形で発生します。国体の形式ではダブルスは無く、シングルス5対戦の3戦先取の団体戦です。

     

    2013年の東京国体より前のことはよく知りません m(_ _)m。私が生観戦を含めて国体をチェックするまでに、卓球競技だけでなく試合を観ることに興味を持ち始めたのがその頃だからです。

     

    2017年の卓球成年女子は、私の応援している日立化成の監督・選手で構成する茨城県が優勝を果たしました\(^o^)/

     

    成年女子の県優勝は11年の山口大会以来6年ぶり。メンバーは変遷していますが、市川梓選手(現・日立化成主将)は’12年から連続での同県代表。6年目にして遂に優勝です♪内山監督は更に長期連続でおられるハズ(選手の記録や写真は見つけ易いが監督は必ずしも触れられず)。

     

    08年(大分)、09年(新潟)の模様=茨城県が連覇。この頃はダブルスがあったようですね。ということは全員2枠ずつのオーダーだったのか?現アスモの河村選手のお姿も。(12年から全シングルス)

     脇道にそれますが、08年の成年男子、少年男子とも青森県が優勝、成人には松平賢、大矢、少年には上田、松平健の名前が。強そうw

     少年女子優勝の大阪には、藤井優、石川佳が。2位の青森は敗れたものの松澤が2勝との記載も。観たいw。ただ、この頃の石川の業界外での知名度はまだ爆発前(?*)で、'13年東京大会の卓球をウェブ検索すると石川を擁し初優勝した山口県ばかりが出てくるのとは様子が違います。*08年北京五輪の代表は平野、福原、福岡で、石川が一般に広く知られるのは09年世界卓球選手権横浜大会ペスト8とインターハイ2連覇の後。

    脱線しましたが、この一連のリンクは茨城の監督もずっと同じ方であろうという文脈で拾ってきたものですw

    記録等:13年東京大会(写真)、14年長崎大会(茨城は文字での言及)、15年和歌山16年岩手(日立化成は2名)、17年愛媛(優勝)

    2010 Chibaその前:12年岐阜 11年山口 10年千葉(左図=カーソルを載せると拡大します)

     =10年の各チーム、メンバーがかなりすごいス。また脱線。

    過去国体一覧

     

    ・この数年の国体に関しては、茨城女子と言えば 市川選手。で、周りを見渡すと、中国電力の土井みなみ選手がその上を行く09年から広島代表9年連続出場のようです。(09年(新潟) 08年の中国電力はどうしたのでしょうか。)

     他にも同レベルの方がおられたら是非知りたいです。

     

    08年大会の写真を発掘。神奈川県成年女子/少年女子 大分県少年女子 千葉県成年女子vs? 北海道ならぬ宮崎県♪

    | 国体 | 10:35 | comments(0) | - | - |
    第72回国民体育大会(2017夏)卓球情報
    0

      JUGEMテーマ:卓球

       

      2017 えひめ国体。開幕しました。公式ホームページで出場選手と結果をチェックしましょう。

      http://kirokukensaku.net/5NS17/discipline_220_20170930.html

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      以下、開幕前のお話。

      国体の各県代表は誰なのか。毎年、探すのに結構苦労します。

      東京都卓球協会は模範的な情報発信をされていますが、他県協会の多くは選手・関係者向け情報が中心で、一般向けの分かりやすい発表が少な目です。

      という背景もあり、個人的にウェブなどで見つけた内容をまとめます。完璧にする根性も時間もなく、完成度は筆者の気分次第ですが、間違いの指摘や追加情報は歓迎です。各県の予選会情報を検索すると、出てくるのは実施要項ばかり。結果を見つけるのは結構困難な状況。探し方のコツもあれば教わりたいです。

       

      成年女子主体です。併せて分かったら成年男子他も付記します。カッコ付きは予備登録選手。敬称略。

      愛媛県宇和島市での試合予定はこちら

      成年女子 成年男子 出典 能書き
      福岡 徳永 大輪 中澤 上村 田添 定松 毎日新聞記事

      男女とも有名選手を含む大学生チーム。

      昨年の女子は前田、小鉢ら実業団中心だった。

      山口 永田彩夏 高橋美帆 武久 平野友樹 有延 吉村和 県選手団名簿(PDF)

      女子: 東芝メディカルシステムズ と 大学生2人。

      男子: チームは違えど大学含むオールJTTL。監督は地元高校の方

      広島 土井 宋 成本 県選手団名簿(PDF) オール中国電力。昨年の土´田に替わり新人の成本が推薦で登場
      岡山 田代 三宅 奥下 県選手団名簿(PDF) 昨年に続きNissay田代、日大の奥下。加えて中国電力三宅(就実高卒)が推薦で登場
      四国ブロック 高知県に谷岡あゆか ブロック戦結果(PDF) 成年女子は地元枠愛媛はじめ全県が本大会へ。ブロック戦は順位決めのみ?
      愛媛 森薗美月 藤井優子 池上  時吉 加藤 柴田 愛媛新聞 女子 男子 

      女子はサンリツ+媛銀2。男子はフジから2名

      おまけ:動画ニュース 女子監督も媛銀のようです。

      奈良 玉石 玉石 政本  エクセディHP Exedy「ダブル玉ちゃん」姉妹と同志社大

      東海ブロック 三重、静岡、岐阜、愛知のうち3県が本大会進出。前年岡山代表の佐藤風薫(豊田自動織機)擁する愛知県が敗退 ( ;∀;)

      静岡 永尾 平田 森田 ブロック予選結果(PDF) アスモ2人と中央大
      岐阜 久野 高橋 加藤 昨年とメンバーは違うも、引き続きのオール十六銀
      三重 椛澤 佐藤 温 エクセディ若手3名の構成
      埼玉 前瀧初 田口 弓立 県選手団名簿(PDF) 成年は女子のみ=オール正智深谷高OGの大学生。弓立は愛媛出身
      茨城 鈴木 平真 市川  監督以下オール筑波大 県選手団名簿(PDF) 女子は例年通り監督以下、推薦枠で新人の鈴木ら全員が日立化成
      東京 松本 天野 平 (鹿股) 上田 松平 御内(森本) 東京都卓球連盟

      全JTTLの構成。女子正選手は全サンリツ。平はこれまでの出身高地元の埼玉から今年はチーム本拠の東京へ。

      男子は推薦2人と予備登録の協和発酵キリンと、選考会に勝利したシチズンのカットマン御内。

      実施要項から結果まで全部1か所にまとまっているので分かりやすくて有り難いです。

      石川 リコー 山本 県選手団名簿(PDF)
      | 卓球 | 05:45 | comments(0) | - | - |
      Canon EOS 1DX/1DX Mark IIとiPadをつなぐ(自分メモ)
      0

        Canon EOS 1DX/1DX Mark IIとiPadをつなぐ See bottom of article for English

        自分メモ 2017年5月

         

        アイ・オー・データのWN-TR2を使ってCanon EOS 1DX Mark IIや 元祖1DX内の画像をiPad miniで閲覧、取得することができた。他のモバイルルータでの成功例はいくつか報告があるが、以下は、WN-TR2についてのご報告。簡易メモ。

         

        ※慣れていた製品を使ったが、電源の形状なども含めて考えれば下記の参考リンク先にあるELECOM LogitecのLAN-W300N/RSBなどの方がよさそう。

         

        カメラ本体とiPad以外の使用品

        モバイルルーター WN-TR2 3,100円(実売 2,300円程度)
        LANケーブル 50cm () 500円
        モバイルバッテリー () 1,170円

        合計4000円台後半となるが、実際には同前半で購入。純正品でwifiを実現すると5万円近くかかる。

        写真のような感じになるので撮影時の利用というより、遠征中のホテルで自宅に帰る前に写真の投稿ができる、という用途を想定したもの。

         

        参考にしたのはこのあたり。今回使用したWN-TR2はコンパクトな一方、リンク先ページの例にある製品(インターネット側、端末側の2つの差込口がある)と違い、通常インターネット接続のプロバイダー側に繋ぐLAN端子の口しかない。ホテルに有線LANしかない場合にwifiにするのが本来の使用法なので。

         

        そもそも製品自体がアクセスポイントな気がするのでこの切り替えは、実際にはアドレス自動取得の有無の切り替えだとの認識で使用

        そこで、設定画面の「インターネット」設定を購入時の「IPアドレス自動取得」から「アクセスポイント」に切り替える。アドレスは自動付与されなくなるのですべて手動で設定する。

         

        購入時はWN-TR2のIPアドレスは 192.168.0.1。(2になる場合もある、と取説)。iPadからこのアドレスにアクセスし、設定画面でアクセスポイントモードに切り替える。設定ボタンを押すと秒読みが始まって再起動する。

        再起動のIPアドレスは192.168.0.201に変わる。iPadとカメラからはこのアドレスにアクセスする。

         

        ※自宅など他に自動接続可能なwifiがある環境では、再起動中にそちらに繋ぎ変わってしまうので30秒以上後に再度AirPortに繋ぎ直す必要がある。

        ※当然、これ以降wifiはカメラだけに繋がって、インターネット接続は中断。wifi専用モデルの場合メールなどが来ません。電話回線付きのiPadは、ネットが引き続き使えたとしてもwifiでなく電話回線経由になっているので、動画を見たりしないようご注意(^^)/

         

        ●機器のアドレスは自動付与されなくなるので手動で設定する。

        例えば、1DXM2側を192.168.0.10、iPadを192.168.0.20。最初の3部分(192.168.0)がルーターと同じなら、最後の10や20は逆に、ルーターも含めて重複しなければ255まで何でも良い。

        iPad wifi details setup screen

        iPadではwifiでAirPortXXXXXに接続する(XXXXXは製品毎に異なる)。アドレス自動取得ができないので、初回は接続先が確定したあともアドレスが確定しないのでグルグルマークが続くが気にせず、接続名の右横の「i」で詳細を表示し(右図)て設定を行う。DHCPでなく固定アドレスを選んで、上記アドレスを設定する。サブネットマスクは255.255.255.0、ルーターはWN-TR2の192.168.0.201を指定。前の画面に戻るとグルグルは収まっているハズ。(実用上、ルーター=ゲートウェイ=WN-TR2)

         

        EOS 1DX Mark II set up screenカメラ側は、接続ウィザードでカメラの希望アドレス192.168.0.10、サブネットマスクは255.255.255.0、ゲートウェイはWN-TR2の192.168.0.201を指定。1DXMk2は通信方式にSmartphoneを指定するとアプリと通信できる。元祖1DXの場合はWFTサーバーを選択し、iPadのウェブブラウザからカメラのアドレスを閲覧する。

        • ・Mk2ならiPadにCanon Camera Connectを入れて起動、アプリの指示に従って接続すると、RAWも含めて閲覧、ダウンロード、カメラの操作が可能になる。
        • RAW画像はjpgとしてダウンロードされる。
        • RAWで取得したい場合は下記の元祖1DX同様にブラウザでJPG変換なしで取得できる。その場合、カメラ側の通信方式をSmarphoneでなくWFTserverに設定する。

         

        • 元祖1DXの場合はSafariでカメラに設定したアドレス http://192.168.0.10 にアクセス。
        • 表示されるメニューから画像の閲覧とカメラの操作が可能。
        • 閲覧画面ではCFカードのフォルダが見えて、階層をたどるとRAWも含めて画像の一覧が表示される。RAWは一覧に表示されるが、個別画像をタップして開くと「?」と表示されて拡大画像は見えないが、Safariを使えばPhoto libraryへのダウンロードが可能(Chromeではダウンロードできず)。アプリと違いRAWのままダウンロードされる。iOS10はRAWの表示に対応している。

        以上のようにWN-TR2が使えたが、強みはコンパクトさ。他の面では、電源のUSBが本体固定のコードになっていて弱くちぎれやすいとの報告があるうえ、設定もLANの差込口が2つあるタイプより難解。電源は差込プラグに別途USBケーブルをつなぐタイプの方が耐久性、自由度がありそうだ。

         

        終わり

         

        追記:いざ本当に必要な時に電源部が破損したりすると悲しいので同類ながら電源は差込タイプのElecom WRH-300BK2-S をゲット。同様の手順で「アクセスポイントモード」に切り替え、既存機と同じIPアドレス設定にして難なく成功。カメラ側からは、設定変更は不要ながら、ルーターの個体番号の違いを認識するためか、もう一度、初めて繋ぐ時の儀式=設定値の変更はしないが全ての設定画面でOKを押して先に進む=を通過する必要があった。

         

         

        Connecting Canon EOS 1DX/1DX Mark II to iPad wirelessly

        with ethernet cable & mobile wifi router; $40, instead of $400 or so to buy Canon wifi unit 

        For simplicity, think of Router and Gateway as synonyms.

        Try and have fun AT YOUR OWN RISK.

        1. Connect Camera's LAN port to a mobile router, typically USB-powered.
        2. Set up router not to use DHCP. Setup IP addresses of camera, iPad manually. Photos above assume .201 for router, .20 for iPad, .10 for camera.
        3. Set camera connection mode to Smartphone if available among options (Mark II); WFTserver, for good old 1DX. *WFT=wireless file transfer
        4. Under camera menu, set iPad's IP address as target server, router IP for Gateway.
        5. For "Smartphone" connection above, get Canon Camera Connect from AppStore. For "WFTserver", navigate to iPad address, e.g. http://192.168.0.20, to browse and/or even operate camera.

         

        If all this seems complex, it would be almost as complex with the $400-or-so Canon wifi adaptor.

        About the only difference is whether it fits nicely on the camera or it gets wired up like the top photo on this page, not something you want to try on the field, but in a coffee shop or hotel when you are away from home but still want to quickly publish your photography.

        | - | 03:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |