SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

Bonpapamickのブログ

思い付きでたまに書きます
国体卓球、あれこれ
0

    JUGEMテーマ:卓球

     

    初日(9月30日)限定でえひめ国体卓球競技(宇和島市)を観戦して来ました。が、その詳細の話ではなく、過去国体を含めてそこはかとなく書き綴りたくなりました、というお話です。

     

    国体は県別対抗戦の形なので、選手はルールに則り各県の代表を目指すことになります。その結果、毎年違う県で登場したり、一貫して同じ県の代表になったり、対戦もいろんな形で発生します。国体の形式ではダブルスは無く、シングルス5対戦の3戦先取の団体戦です。

     

    2013年の東京国体より前のことはよく知りません m(_ _)m。私が生観戦を含めて国体をチェックするまでに、卓球競技だけでなく試合を観ることに興味を持ち始めたのがその頃だからです。

     

    2017年の卓球成年女子は、私の応援している日立化成の監督・選手で構成する茨城県が優勝を果たしました\(^o^)/

     

    成年女子の県優勝は11年の山口大会以来6年ぶり。メンバーは変遷していますが、市川梓選手(現・日立化成主将)は’12年から連続での同県代表。6年目にして遂に優勝です♪内山監督は更に長期連続でおられるハズ(選手の記録や写真は見つけ易いが監督は必ずしも触れられず)。

     

    08年(大分)、09年(新潟)の模様=茨城県が連覇。この頃はダブルスがあったようですね。ということは全員2枠ずつのオーダーだったのか?現アスモの河村選手のお姿も。(12年から全シングルス)

     脇道にそれますが、08年の成年男子、少年男子とも青森県が優勝、成人には松平賢、大矢、少年には上田、松平健の名前が。強そうw

     少年女子優勝の大阪には、藤井優、石川佳が。2位の青森は敗れたものの松澤が2勝との記載も。観たいw。ただ、この頃の石川の業界外での知名度はまだ爆発前(?*)で、'13年東京大会の卓球をウェブ検索すると石川を擁し初優勝した山口県ばかりが出てくるのとは様子が違います。*08年北京五輪の代表は平野、福原、福岡で、石川が一般に広く知られるのは09年世界卓球選手権横浜大会ペスト8とインターハイ2連覇の後。

    脱線しましたが、この一連のリンクは茨城の監督もずっと同じ方であろうという文脈で拾ってきたものですw

    記録等:13年東京大会(写真)、14年長崎大会(茨城は文字での言及)、15年和歌山16年岩手(日立化成は2名)、17年愛媛(優勝)

    2010 Chibaその前:12年岐阜 11年山口 10年千葉(左図=カーソルを載せると拡大します)

     =10年の各チーム、メンバーがかなりすごいス。また脱線。

    過去国体一覧

     

    ・この数年の国体に関しては、茨城女子と言えば 市川選手。で、周りを見渡すと、中国電力の土井みなみ選手がその上を行く09年から広島代表9年連続出場のようです。(09年(新潟) 08年の中国電力はどうしたのでしょうか。)

     他にも同レベルの方がおられたら是非知りたいです。

     

    08年大会の写真を発掘。神奈川県成年女子/少年女子 大分県少年女子 千葉県成年女子vs? 北海道ならぬ宮崎県♪

    | 国体 | 10:35 | comments(0) | - | - |